日本のお金をインドルピーに両替する時の注意点

LINEで送る
Pocket

インド到着後まず最初にしないといけないこと、両替。
インドルピーは国外持ち出し禁止のため、事前に日本で入手!、という訳にいきません。
今回はその両替についてのお話。

インドルピー

紙幣とコイン。コインは様々なデザインがあって面白い

日本円からインドルピーに変える方法

日本で両替できないルピー。日本円からルピーに両替する方法は基本的に以下の5通り。

①インドの空港で円をルピーに両替する。

②町の両替所で円をルピーに替える。

③ホテルやゲストハウスで日本円からルピーに替える。

④国際キャッシュカード(新生銀行やシティバンクなど)でインド市内のATMよりルピーで引き出す。

⑤国際クレジットカードでルピーでキャッシングし、帰国後即繰り上げ返済する。

その他、日本の銀行や空港でトラベラーズチェックにしておいて、それをインドの銀行などで日本円に両替する、というのもあります。

では、少し説明しておきます。と、その前に。

円→インドルピーのレートをチェック

まずはネットで「円 ルピー レート」などと検索してレートをチェックします。2016年2月21日の17時現在、1円 =0.610515464 インドルピーなどと表記されています。ただこれではよくわかりません。実際に知りたいのは1万円が何ルピーになるのか、です。

例えば、yahooファイナンス 為替レート表などで10000円をルピーに直します。

コード 日本 円 最新取引レート インド ルピー
JPYINR=X 10,000 0.608443(14:01) 6,084.43

 

するとこんな風に出てきます。現在のレートだと、10000円で6000ルピーくらいになるということです。

ただ、実際にはこんなレートでは両替してくれません。これはあくまでカードレートなのでここから業者さんの手数料などが入ってきます。マイナスすること、3~500ルピーくらいが目途になってきます。

①空港での両替

では実際に両替する場所です。まずは空港です。インド国内の主要空港には両替所がありますが、残念ながらそのレートは良いとは言えません。

当座に必要な分だけを両替するのがおすすめですが、「最低1万円から」と言われることもあります。なのでどうしてもという場合以外は、空港では両替せず、送迎サービスでホテルに向かって両替はホテル周辺で、という方法も良いかもしれません。

空港での両替

デリーの空港

②街での両替

デリーやコルカタなどの大都市、アグラやバラナシなどの観光地には両替店が多数あります。これらの街では日本円からルピーへの両替が可能です。

最近は地方都市でも多くの場所で円の両替が可能です。ただかなりの地方へ行くつもりなら、あらかじめ米ドルも念のため準備しておいた方が無難です。

また実際の両替レートは店によって異なるので、何軒か回って確認してみるのが良いでしょう。多くの両替所で「いくら両替する?」と聞かれることもあります。両替する金額が高いとよりよいレートをくれることもあります。交渉、交渉、です。
為替表

③ホテルやゲストハウスでの両替

多くのホテルやゲストハウスでも両替が可能だったりします。レートも結構良いところが多いです。なので日本円を現金で持っていき、それをゲストハウスなどでルピーに換えるという旅行者も多くなっています。

サンタナ各支店

サンタナ各支店でももちろん両替できますよ~

④国際キャッシュカードによる引出し

日本の銀行口座に預けているお金を、海外のATMから現地通貨で引き出しすることもできます。クレジットカードとは異なり、審査が無いので未成年の方も持つことが可能です。

国際キャッシュカードの裏面に
・VISA・・・PLUSマーク
・Master・・・Cirrusマーク
があるはずなので、確認してみてください。

このカードのメリットは、即時の決済で引出し自体に金利が掛からないこと。自分の預金から引き出しているだけなので、当然です。その反面、ATM手数料が約4%となっており、引き出す額や回数で手数料がかさむことも。

⑤国際クレジットカードによるキャッシング

クレジットカードの利用法は
・クレジットカード決済
・現地ATMでキャッシング

の大きく2つありますが、ここで紹介するのは後者のほう。
インドルピーを一時的に借りて、後払いで「円」決済する、これがキャッシングです。
上記のキャッシュカードとの大きな違いは、キャッシング(借入)のため金利が掛かってくるところ。

ただ、低金利の現在では1ヶ月1.5%と有利な状況と言えます。
紛失盗難、キャッシング限度額等を考え、インドではVISAとMasterの2種類を準備しておくと良いでしょう。また、カードによっては海外旅行付帯保険が付いているなどのメリットもあります。

クレジットカード

ルピーの注意点① 高額紙幣ばかりだと苦労する!

街で買い物するとき、困るのがお店側のお釣り不足。1000ルピーや500ルピーの高額紙幣で買い物しようとすると嫌な顔をされたり、拒否されたりします。そう、お金があっても物を売ってくれなくなってしまうのです(^_^;)

それは困るので両替の際、小さな紙幣をできるだけ沢山もらうように頼みましょう。また、お釣りがありそうなホテルやレストランでは高額紙幣で支払い細かな紙幣をストックしておくように心掛けましょう。10ルピー紙幣はたくさんあると何かと助かります。

目安ですが例えば500ルピー札を使いたいときはお店で100ルピー以上買い物するならお釣りくれることが多いです。高額紙幣しかない時は欲しいものを溜めて一気に買い物をするなどが効果的です。

ルピーの注意点② 破れたお札は価値が無い??

次に注意したいのが、お札の破損。穴が開いていたり、少しでも破れていたりすると店では受け取ってくれないこともしばしば。

(でもなぜかメモ用紙代わりにされた、落書きだらけの紙幣は問題なく使えます。)
両替の際には、枚数はもちろんお札の状態もあわせて確認しましょう。
ルピー記号

 

投稿:sakamoto

コメントを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です