もう絶対インドなんて来るか!と思ったけど~Hikkyヨガ留学体験記~

LINEで送る
Pocket

Hikkyのインドヨガ留学体験記バナー

2016年10月開講の「インドヨガ留学」コース卒業生5名の中、一番女子力が高めだったHikky、別名・・・ティン(thin:薄い)。ヨガコース終盤に差し掛かった頃、顔付きや言葉、雰囲気が変わったよね~とメンバー内で盛り上がった程、彼に大きな変化を促す出来事が怒涛のように起りました。彼の体験や感想を、を熱い言葉達からズドンと受け取って下さい!

============================

こちらの体験談にたどり着いたということはおそらくヨガに興味があって、インドへ行こうか迷われてる方か、インドというワードに惹かれた方だと思います。

大丈夫です。
こちらを読み終わるころには航空券を予約することになるでしょうから。笑

なぜそこまで言えるのか、どんな体験をしたのかを説明する前に、なぜインドなのか、そしてなぜここを選んだのか、理由を話します。

インドの世界遺産、スーリャ寺院で

世界遺産、スーリャ寺院観光

 

なぜインドなのか?

一言でいってしまえば”流れ”です。
こんな話を聞きました。
インドに行ける人はタイミングが決まっている。それはインドの神様達へ日本の八百万(やおよろず)の神が話をする。
この子行ってもいいですかね?
みたいに。
でオッケーなら行ける。
800万の日本の神様がお願いするってすごくないですか?笑

サンタナホテル前でヨガ留学のメンバーと

サンタナホテルの前でメンバーと

 

ダメな人は飛行機が飛ばなかったりでいけない。だから行ける人は行けるので大丈夫です。笑

だからインドに行く流れがありました。スティーブジョブズの言う点と点が繋がるというやつです。笑 簡単に説明すると、ヨガのインストラクターやるなら、インドでやった!というブランドがつくし、世界一周をついでにしようと思ったからです。
(ずいぶん短くしました。1時間しゃべれます笑)

なぜサンタナにしたのか?

他のところも当然やりとりしましたが、サンタナの坂本さんのレスポンスの良さと説明の多さにここがいい!というか、ここしかなかったのが本音です。笑
他のとこは微妙でした。

ヨガの先生宅で晩御飯をいただく

ラディカ、ルチカ先生宅にて晩御飯!(1人カメラ目線)

 

お待たせしました。体験談です。笑

体験談

日本でもヨガのクラスを多少は知っていたので、2時間という長さ、マントラを唱えるという戸惑い、太陽礼拝も全然違う、などなど多くのショックをうけました。いい意味での。おかけでインドスタイルが身につき、後半では1時間だと物足りなく感じました。

呼吸のクラスも集中できる日はなんかスッキリするようになりました。
座学の方はイメージと違い、期待した解剖学的なこと、人体構造、心理、、全くありませんでした。少しです。ほんの少し。知ってることだらけでしたし、理解しがたい話が多かったり、先生の質問に対する答えもよくわからなかったり、授業の進め方も、、などなど
正直座学の時間が一番イライラしました。笑

ヨガのアーサナ(ポーズ)、ダニュラーサナ

子供達と一緒にダニュラーサナ

 

ですが、結局ここが一番乗り越えなきゃいけないとこでした。

残り1週間くらいで先生に

「あなたは素直じゃない。」

と言われ、

数時間屋上のカラスと相談し、

悩み、

謙虚さが足りない。

にたどり着きました。

そして次の日シャクティークリアという感情浄化でいい大人が大号泣。

今でもあの状態はカオスだったと思います。死んだと思いました。笑

ヨガの先生役でアーサナ

アーサナ(ポーズ)テストの日

 

そして気づきます。

自分の知らないことがたくさんあると知ることが謙虚さだと。

この日を境に、言われることを素直に受け止めるようにしました。知識が邪魔しても、これも答えなのだと。これがヨガなのだと。ヨガとはひたすら私は何者なのかを探すことだと思います。座学的にはいっぱい答えありますが。笑

アーサナがすごくできる!筋肉もいい感じ!など身体変化を望んだヨガでしたが、心の変化の方がはるかに大きかった45日となりました。

ヨガのアーサナ(ポーズ)、クックターサナ

アロック先生と。ティン(thin)だからできる技、クックターサナ

 

これはヨガだけではなく、インドいう日本の常識が通じない場所だったからこそだと思います。

終わった頃にはもう絶対インドなんか来るか!と思うほどインドに嫌気がさしてましたが、いまではもう一回戻りたいと旅中に思うことが多々あります。

必ず!なにかの気づきがあります。それは個人差あるかもしれません。ですが、インドに呼ばれてるなと感じるのであれば、行くべきです。

こうやってここまで読んでくれたのですから。

迷われてる方へ

是非プリーへ。

なにかしらの変化があることを保証します。

読んで頂きありがとうございました。

ビンディ(額に施す装飾)を付けたヒッキー

女子らしくビンディをつけたHikky

 

では行ってらっしゃい。

ステキなインドライフ&ヨガライフを。

byインドプリーを全力で勧めるひっきー

インドヨガ留学のすすめ

Hikkyの参加した、サンタナトラベルがお届けする「インドヨガ留学ワールドヨガアライアンス資格取得コース」の紹介はこちらです。本場インドでヨガのティーチャーズトレーニング合宿をしませんか? 今後も、ほぼ毎月スタートで45日間のレッスンを開催予定です。

 

投稿:sakamoto

コメントを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です